教育分析・親子アートセラピー・テクニカル・コース

「アートセラピー・インストラクター・コース」また は「アートセラピスト通信養成講座」の上級コースが、 「アートセラピー・テクニカル・コース」です。今回は、 トラウマの解消とコミュニケーションに焦点を当て、新たなプログラムとして「教育分析・親子アートセラピー・テクニカル・コース」を提供します。

親子関係は人生の基盤となります。このコースでは、 子供の自立・成長に必要な課題や危機に対応するアートセラピーの知識や技術を習得します。また、教育分析として、自分自身の幼少期の体験から生じた不自由な反応・ 行動パターンを解消し、変容を体験します。

子供の「風景構成法」には、「うつ引きこもりライン」 が表れます。このラインは、子供が親に依存している時に表れますが、これが長引くと、自立するハードルが高くなり、不登校や引きこもり問題となってしまいます。 絵には、これらの問題の過程が表れるので、予兆や予防をすることができます。

一方、母親は子育てに不安を持ち孤立傾向にありますが、「うつ引きこもりライン」を理解することで、子供の反抗・ 抵抗等の反応を自立・成長に必要なプロセスとして理解し、見守れるようになります。

また、親子関係を見直すことは、相手を尊重し信頼に基づくするコミュニケーションを確立することでもあります。今、ここでの親子・パートナー・仕事でのコミュニケーションの達人を目指します。

このコースでは、親子の危機を早期発見し、予防できる専門家を養成します。コース修了後は、「オーロラ・親子ア ートセラピー判定士」の資格を取得できます。

子供の心の声に耳を傾け、子供の代弁者となる「親子アートセラピー判定士」として、子供の絵画・造形教室、 保育園や学校等の教育現場で活躍することができます。「通信講座」での受講もできます!

 

<教育分析・親子アートセラピー・テクニカル・コースの日程>
 2022年11月〜2023年3月 月1~2回(計10回)
 開催時間:第1~9回は13:00~18:00  第10回は19:00~21:00

日時
講師
テーマ
テクニック実習
内 容
1

11/19
(土)
加藤

親子アートセラピー1「理解」
―親子関係・人生は学びの場

・サイコドラマ
 (ペルソナ・シャドウ・セルフ)
・系統的自由画法
●心理学とセルフから捉える親子
・オリエンテーション
・無意識的行動パターンの理解
・母子信頼と自己肯定感
・毒親とヤングケアラー
2
11/20
(日)
平山

親子アートセラピー
―子供絵画・造形教室の重要性と対応の実例

・対話法による想像力開発テクニック
・発達障害児のケア

●子供絵画・造形テクニック 200
・親の期待と子供のストレス
・親の盲点・教師の役割
・障害を個性として捉える
3
12/17
(土)
加藤

親子アートセラピー2「判定」
―反抗期と思春期危機

・枠づけ法
・風景構成法
  (子供うつ引きこもりライン)
・親子の絵の見方・ 返し方

●親子アートセラピー判定士実習1
・危機回避のヘルプサインの見方

 (孤立・反発・我慢・過適応の絵)
・問題が顕在化するプロセス
 (不登校・自傷・摂食障害・成人拒否)

4
12/8
(日)
加藤

親子アートセラピー3「療法」
―自己アイデンティティの確立と自立への道

・カタルシスアート(鬼面)
・フィンガーペインティング
・概念崩しの絵の手法

●親子アートセラピー判定士実習2
・ストレス発散と癒し・浄化法
・心配な絵・気になる絵への介入の
  タイミングとアプローチ法
・受容・共感・子供の絵のほめ方

5
1/7
(土)
藤森

ドリーム・セラピー1
―夢に表れるトラウマと子供の自立過程

・幼少期の反復夢・ 典型夢
・親殺しの夢

●夢によるインナーチャイルド分析
・夢に見るトラウマと解消法
・成長のステップ―執着切りと自立

1/21
(土)
加藤

教育分析 (自己覚知と受容)

・トランスフォーメー ション(変容)
・感情トレーニング
・パーソナルマンダラ

●自信・自己肯定感を得る
・トラウマの解消と未来の選択
・習慣的パターンの認知と脱却法
・自分軸の確立―直観開発法

2/18
(土)
加藤

親子アートセラピー4「力動」
―コミュニケーション転換法 1
  : 適職と仕事上の自己表現

・交互色彩分割法
・家族共同描画法
・ロールプレイ

●コミュニケーション実習 1
・親のタイプとコミュニケーションパターン

 (「自分がわからない」
 「Noや本音・助けや甘えられない」深層)
・集団コミュニケーション
 (自己主張、調整、追従、孤立型)

2/19
(日)
加藤
親子アートセラピー5「関係性」
―コミュニケーション転換法 2
  : 親子・パートナーの愛情表現
 (自分を変える・相手に与える)

・コラージュ療法(修正法)
・レインボーメディテーション
・系統的自由画法の見方・返し方

●コミュニケーション実習2
・親子関係とパートナー選びの深層
・トラブル時のコミュニケーション解決法
 ―転移と逆転移(カルマを超える)
・セルフ・コミュニケーション

9
3/19
(日)
藤森

ドリームセラピー2
―今生のテーマと使命

・前世・過去世の夢

●夢による自立
・過去世の課題と今生のテーマ
・問題解決のバリエーション

「オーロラ・親子アートセラピー判定士」認定試験
10
3/31
(金)
加藤

修了式
―プロジェクトや絵画教室を成功に導く方法
―地域の医療・教育・福祉機関等との連携

●まとめ
・子供絵画造形教室の開き方 Q&A
・親子アートセラピー判定士活躍の場と
  サポート

 *欠席の回は、DVDでの受講となります。

  1. 「オーロラ・親子アートセラピー判定士」の資格取得
  2. 「子供絵画・造形テクニック200」の習得
  3. 親子の「枠づけ法」、「風景構成法」判定法習得
  4. 教育分析によるトラウマの解消と自己肯定感獲得
  5. 仕事・家族・友人とのコミュニケーション力 UP
  6. 仕事で成功するためのビジョンの確立と、それに向けての課題の明確化、および、就業サポート
  7. 修了後、「親子アートセラピー相談室」へのカウンセラー登録(一定水準に達し、適性が認められる方)


 

■会 期 2022年11月〜2023年3月
■受講費 165,000円(消費税込、画材込、分割可)
■定 員 14名 (「アートセラピー・インストラクター・コース」または「アートセラピスト通信養成講座」修了生対象)
     注)新型コロナウィルスの感染予防として、人数制限があります。
■会 場 オーロラ(JR総武線平井駅徒歩1分) 地図
■お申込 こちらからお申込下さい。

■通信講座での受講について
1.DVD視聴による受講で、通学コースと全く同じ内容を自宅で学べます。
  DVDと配布資料を1回ごとにお送りします。
2.ZOOMによるオンライン授業が含まれます。
  日程は、2022年12月22日(木)19時~と、2023年3月21日(火祝)13時からの2回です。
  なお、「通学受講」希望の回がある場合は、ご相談ください。

 

加藤るり子 : オーロラ代表、アートセラピスト
平山 弘美 : 子供創作教室「アトリエHAPPENING」主宰
藤森みさき : 「オーロラ・ドリームセラピー・専門コース」講師


各種講座お申込みページ  |  各種講座資料請求ページ  |  無料体験説明会お申込みページ


アートセラピスト養成スクール 株式会社 オーロラ
 
〒132-0035 東京都江戸川区平井3-25-12 スカイビル3F 地図  TEL&FAX 03-3683-3170  お問い合わせ

© AURORA CO., LTD.